ルートバーン・トラック/RouteburnTrack+ケープルストラック

ニュージーランド・トレッキング・サポート (aruitenz.com)

このエントリーをはてなブックマークに追加
ホーム
表紙へ戻る
トレッキングルート
ギャラリー表紙へ
ミルフォードトラック
ルートバーントラックの
歩き方ページへ
トレッキングルート
送迎サービスへ
下のグーグルマップ上のルートバーントラックウェイポイント・ランドマーク
一日目 ニ日目 三日目
ディバイド
 ディバイド
キーサミット
 キーサミット
ハリスサドルシェルター
 ハリスサドルシェルター
コニカルヒル
 コニカルヒル
ルートバーンフラットハット
 ルートバーンフラット
ハット
ホウデンハット
 ホウデンハット
アーランドフォールス
 アーランドフォールス
レイクハリス
 レイクハリス
ルートバーンフォルスハット
 ルートバーンフォールス
ハット
ForgeFlat
 Forge Flat
レイクマッケンジー
 レイクマッケンジー
レイクマッケンジーハット
 レイクマッケンジー
 ハット
ルートバーンフォールスロッジ
 ルートバーンフォールス
ロッジ
  ルートバーンシェルター
 ルートバーン
シェルター
レイクマッケンジーロッジ
 レイクマッケンジー
 ロッジ
       
ルートバーントラックグーグルマップ
グーグルマップで
ルートバーントラックの詳細

公開しています。マイマップに
登録して活用してください。
ルートバーントラックマップ
DOC作成のルートバーントラック
詳細マップをダウンロード出来ます。
(PDFファイル)
ルートバーントラック紹介PDFパンフレット
ルートバーントラック・パンフレットを
ダウンロードできます。PDFファイル
ルートバーントラック高低差表
 ルートバーントラックの高低差断面図はDOCのサイトでダウンロード出来ます。
(PDFファイル)

概 要 特 徴
全長32km,通常2泊3日にて歩く。
トラックの入り口を西側、東側どちらでも
自分の好きな方を選んで歩き始めることが可能。
ミルフォードトラックに次ぎ人気のアルパイントラック。
フィヨルドランド国立公園、マウント・アスパイアリング
国立公園2つにまたがり、渓谷、森林、湖、川、滝と
見所も変化に富み、ほぼ森林限界線より上を歩く
ため氷河によって削られた渓谷を見下ろしながら
一日歩くことが出来る素晴らしいトラック。
ご注意 予 約
普通の体力があると歩けると思われるが、
やはり天候や荷物の量次第。
雨の日はもちろん多く、夏でも気温の変化は
著しい。また晴れている場合は水分補給
日焼けにご注意。
一般的に西側(ディバイド)から歩き始めた方が
楽と言われる。
事前の予約要!ミルフォードトラックほど
込み合わないが、かなり事前のチェック要。
NZの夏休みシーズンは特に家族連れも
多くなり、ルートバーン・フォールスまでの
一泊トレッキングの人もかなり多くなります。
DOCサイトのルートバーントラック紹介ページ

ニュージーランドブリーズではルートバーントラックを歩く方々に送迎サービスを行っています。
・クイーンズタウンからディバイド ・クイーンズタウンからルートバーンシェルター
・ルートバーンシェルターからマウントクック ・ディバイドからクイーンズタウン空港など
また、
 ルートバーントラックを歩き終わってからマウントクックやクライストチャーチ、ウエストコーストへ移動するなどための
送迎サービスも行っています。 

サポートニュージーランドショップではニュージーランドでしか入手できない
日本語解説の
 ’ミルフォードサウンド&ミルフォードトラック完璧ガイドブック’
 ’ニュージーランドの高原植物’
 ’ニュージーランド野鳥図鑑’ の販売を行っています。
ミルフォード完璧ガイドブック ニュージーランド高原植物 ニュージーランド野鳥図鑑

ルートバーントラックでの天気予報に関して

 ルートバーントラックを歩き始めたら天気予報は
HutでのWarden(管理人)が毎朝無線連絡で
得た天気予報を壁に張り出してくれ、それだけが
気象情報の情報源になります。

 ルートバーントラック上では携帯電波は届きません。
(ディバイドやルートバーンシェルターでさえ。)
(GPSは大部分届きます。)

 もし土砂崩れや大雨、雪崩などにより
トラック閉鎖になりそうなときはWardenが
その対処法(迂回路の情報、またはヘリコプター
による移動、同じハットでの連泊処置など)を
アドバイスしてくれます。
ミルフォードトラックの天気予報 NZの気象庁に当たるMetServiceのサイトでは
4日先までのルートバーントラック上での
天気予報
が分かります。

 ハリスサドル、ミルフォードサウンドでの
天気、気温、体感温度、雨量予想、氷点下に
なる高度などが分かります。

 持参する服や寝袋の選択に参考になるでしょう。

ルートバーントラックでの月別平均気温、天気

マッケンジーハット(標高1000m)
(ハリスサドルを越えた後の
ルートバーンフォールス(1000m)もほとんど同じ。
ちょっとアドバイス
最高
気温
平均
気温
最低
気温
雨の
日数
10月 22℃ 14℃ -1.5℃ 15
11月 24℃ 15℃ -2.5℃ 17
12月 25℃ 17℃ -1℃ 18
1月 28℃ 18℃ 0℃ 13
2月 29℃ 20℃ -1℃ 9
3月 28℃ 19℃ -2.5℃ 12
4月 23℃ 14℃ -4℃ 14
  NZの山は夏でも雪が降ったりすることは良くある。
表のように5℃以下まで下がることも良くある。しかし歩いている
ときはかなり暑くなるでしょう。
 雨が降っていなければ日中は気温もかなり上がる。けれど
朝晩はかなり冷え込む。 特に朝方は夏でもかなり寒い時がある。
 NZは夏の間サマータイムを導入しているのと緯度がかなり
高いので、日の入りは12月から2月までは大体21:00pm前後
なので歩き終わってから、夕食終わってもまだかなり気温は
高目である。 (そう言って半袖半ズボン、雪駄履きでくつろぐ
ことが出来るかと思ったらサンドフライがどこもたくさんいる
ので肌を露出しているとひどい目にあうことは覚悟していた
ほうがいいでしょう。)
 表のトラックのハットには夏でも気温が下がれば炊事場兼
リビングルームの暖炉には火が入れられてハット内はかなり
暖かい。けれど寝室には暖炉は無いのでご注意を!

*** 今回はこのルートバーン・トラックに入るのにケイプルストラックCaplesTrack(約23km)と言うトラックを
歩いてから入っていきましたので併せて見て下さい。***

ケイプルストラック Caples Track 一日目

クィーンズタウンからCaplesGate駐車場 車にて 2時間半
CaplesGate駐車場(340m)からミッド・ケイプルス・ハット(420m) 2時間半-3時間
ミッド・ケイプルス・ハット(420m)からアッパー・ケイプルス・ハット(470m) 2時間半  
CaplesGate 分 岐 点 ケイプルス渓谷 UpperCaplesHut
ケイプルス&グリーンストーントラック入り口 グリーンストーン/ケープルストラック分岐点 ケープルスリバー アッパーケイプルスハット
クイーンズタウンからバス
にて出発してから途中
グレノーキーと言う村で
ルートバーンを歩き始める
人達と車は別れ、私は
ケープルスの出発点まで
別のバスで向かう。
歩き始めの駐車場からは
ブナの森の中に入っていく。
グリーンストーン川を
左に 見ながら丘を一つ
越えると その川との
分岐点に到着。 その後
はケープルス川を左に
見ながら歩くことになる。
ミッド・ケープルス・ハットまで
2時間半ほどほぼ平たん
な 森の中の道を行く。
前半は渓谷の牛・羊の
牧場を 間近に見ながら
森の中を 歩くがミッド・
ケープルス ハットでの
昼食後は1時間 ばかり
牧場の中を風雨に さら
されながら歩くことに。
渓谷の両側の山は次第
に 迫ってきて谷の幅も狭く
なってくる。山の頂上には
雪が残り素晴らしい眺め。
途中野生の鹿や、インコ
などが現れた。森も鬱蒼
となり始めた ところで
ハットに到着。このルートは
サンドフライが多くて大変。

ケイプルス・トラックからホーデン・ハットへ 二日目

アッパー・ケイプルス・ハット(470m)からマックケラー・サドル(945m) 3時間-3時間半
マックケラー・サドル(945m)からマックケラー湖(630m) 1時間-1時間半
マックケラー湖(630m)からホーデン・ハット(710m) 1時間-1時間半  
ブナの森の道 森の中の道とその標識 岩と大木の根からの急斜面
ケイプルストラック/ブナの森 ケイプルストラック&標識 マッケラーサドルへの急な斜面
朝ハットを出発してから
すぐに鬱蒼とした森の
中を、そして川幅も
どんどん狭く急流に
なって行く。二時間ほど
かけて緩やかに時には
急な道を登っていく。
足下は岩や木の根が
多く気が抜けない。また
ルートの道しるべも木に
標識が釘で打たれて
いるが、周りの景色に気を
取られていると時折
見失いかける。
次第に登りも険しくなり
30分程、時にはよじ
登るように進むことに
なる。雨の日などはこの
足下が苔や木の根で
滑りやすくなりルートも
小川のようになり
大変辛い道のりになる。
マックケラーサドル
からの景観・東側
湖からサドルへの山肌 ホーデン・ハット
マッケラーサドル/ケイプルストラック ケープルストラックとグリーンストーントラック合流点 ホウデンハット/ルートバーントラック
森もとぎれ、周りの山肌の
景色も拝めるように
なれば945mのサドルに
到着。そこはほぼ平らな
湿地帯が広がり15分ほど
歩くとサドルの西側に到着。
昼食を取った後このサドル
を降りていく。この下りが
登りより更に細く、苔むし
険しいものとなる。
一歩一歩足場を確認し
ながら 1時間ほどゆっくり
と300m程降りていくと
麓の湖が近づいてくる。
西側の山肌はまるで
ジャングルのようでシダ
も多くなる。一旦630mの
ところまで降りてから
進路を北に向け、一時間
ほど歩くとルートバーン
トラックに入り、ホーデン
ハットに到着。

ルートバーントラック RouteburnTrack 一日目

ホーデン・ハット(710m)からキーサミット(920m)45分
Divideディバイド(532m)からホーデンハット 3.4km/1時間-1時間半 
ホーデン・ハット(710m)からマッケンジー湖(950m) 8.6km/3時間-4時間

キーサミット Ailsa山脈 アーランド・フォールス
キーサミット/key summit キーサミットからAilsa山脈 ルートバーントラック・アーランドフォールス
この日からルートバーン。
実際はディバイドから東の
ルートバーンシェルター
から始まる所を今回は
ホーデンハットからの
出発。まずはこのハット
から45分ほどで行ける
必見のキー・サミットを
訪れる。
このキー・サミットからの
眺めはいきなりだがこの
トラックのハイライトの
一つでもあり、晴れて
いれば360度迫り来る
氷河に削られた山々、
渓谷を見渡せることが
出来る。
ホーデンハットからは
再び森の中の緩やかな
登りに 入って行くが、
足下は大変歩き安く、
木立の合間から
Mt.クリスティーナの
雄姿が見られ楽しい
道のり。1時間程で
大きな滝のすぐ麓に
到着。落差80m
水しぶきにご注意。
ホリフォード渓谷 マッケンジーレイク マッケンジーハット
ホリフォード渓谷 レイクマッケンジー/ルートバーントラック マッケンジーハット/ルートバーントラック
滝を越えてからはほぼ
平たんの道になり、
気づくと森林限界線を
出たり入ったりしている。
素晴らしい景観のため
つい休憩も忘れてしまう。
この辺りは豊富な種類の
樹木も見られる。
歩き始めて2時間半程の
所から次第に下りになり
結構急な道を30分程
降りていくと素敵な
エメラルド・グリーンの
水をたたえる湖畔の
マッケンジーハットに到着。
このハットは絶好の
ロケーションにあり
氷河が一つ削り通った
後の谷底に位置している。
暑い日などはその湖で、
その日の汗を流してみては?
かなり水は冷たいけど。

ルートバーントラック RouteburnTrack 二日目

マッケンジー・ハットからルートバーン・フォールス・ハット 11.3km/5-6時間
マッケンジー・ハット(950m)からハリス・サドル(1277m)3時間
ハリス・サドル(1277m)からコニカル・ヒル(1515m)までの往復 1時間
ハリス・サドル(1277m)からルートバーン・フォールス・ハット(1005m)1時間半 
エミリーピークと登り道 ジャイアント・バターカップ マッケンジーレイクを
見下ろす
サドルへと続くトラック
エミリーピークと登り道 ジャイアントバターカップ レイクマッケンジーを見下ろす ハリス・サドルへの道のり1
この日はやはりこのルート
のハイライト、幸いのこと
に今日も朝から快晴!
まずこのハットのある
U字谷を登るところから
この日は始まる。
この時期にわざわざ
ここを 歩くことを決めた
のは高原植物の花が
咲くころで、この登りの
途中からもジャイアント
バターカップの咲き
乱れる所にさしかかる。
半分ぐらいから森も
とぎれ結構きついが、
谷底の景色や谷の奥の
エミリー・ ピークの姿が
その苦しみを忘れ
させます。30分程で
谷の頂上に到着。
谷を登り終えたらその後
は森林限界線を越えた
山肌のほぼ平たんな
道を行きます。ここ
よりは左側に当分雄大な
ホリフォード谷を見な
がら歩くことになります。

サドルへのトラック ハリス・サドル・シェルター コニカル・ヒルへの坂道
ハリス・サドルへの道のり2 ハリスサドルシェルター/ルートバーントラック コニカルヒルへの道のり
山肌を歩いている最中は
常に左側に万年雪を頂く
2000m級の山、
大きなU字谷、足下には
様々な高原植物を
見ながら歩きます。
1時間半程平たんな道を
行くとやや登りになり
東に向かい始めたら
ハリス・サドル(1277m)
に到着。あまりに天気、
景色が良いのでここで
2時間ほど過ごす。
この日の道のりは
ほぼ一日 風雨に晒される
為、この避難所が
あるが、水の補給は
途中に万年雪から
流れる小川からも
可能だと思う。

残雪の上を歩く ディバイド方面の景観 ハリス・レイク
コニカルヒルの頂上付近 コニカルヒルからディバイド方面 レイクハリス/ルートバーントラック
このシェルターに荷物を
置き、1時間ほどで往復
出来るコニカル・ヒルに
向かう。丘と言っても
(1515m)300m弱は
登ることになり、この日
の一番きつい登りになる。
途中残雪も越えて行くと
360度の展望が楽しめる
頂上に到着。ここより
これまでの道のりや、
これから向かう道のり、
そして遠くタスマン海も
見渡せ、どこも絶景
である。
シェルターの後は東に
向かい、これより
Mt.アスパイアリング国立
公園に入る。すぐにハリス湖
と言うこれもきれいな湖
沿いを歩き、次第に標高を
下げていく。

マウントクック・リリー ルートバーン・フォールス ルートバーン・フォールス
ハット
マウントクックリリー・ルートバーントラック ルートバーンフォールス ルートバーンフォールスハット
ハリス湖からの流れが
前方遠くまで見渡せ、
その流れに沿って進むと
途中こちらはマウント・
クック・リリーが咲き
乱れるところに出て来る。
この花は短期間しか見れ
ない のでラッキーである。
一旦平たんな湿原に
出た後少し行けば急に
前方の視界が開け川が
いくつも大きな滝となって
落ち込む所に出て今日の
ハットに到着である。
このハットも素晴らしい
ロケーションで東側の
視界の広がる方は
ルートバーンの渓谷、
西側は間近に大きな
滝が見られる所で、
ハット自体も1996年
改装の大変きれいな
ハットである。

ルートバーントラック RouteburnTrack 三日目

ルートバーン・フォールス・ハット(1005m)からルートバーン・フラット・ハット(710m)2.3km/1時間
ルートバーン・フラット・ハット(710m)からルートバーン・シェルター(458m)6.5km/2-2時間半 
ルートバーン渓谷 マウント・サムナス マウント・マムナス ルートバーン・フラット
ルートバーンフォールスハットから渓谷方面 mt.sumnus/ルートバーントラック マウントマムナス/ルートバーントラック ルートバーンフラット
この日はバスの時間に
あわせて下って行くだけ。
ゆっくりと出発ができ、
フォールス・ハットから
見下ろしていた麓まで
一時間の道のりをまず
ブナの森の中を降りていく。
この下りの道のりも
素敵な景色に恵まれ、
時折森がとぎれる所
から左の対岸に
素晴らしい山並みが
拝める。途中いくつ
もの土砂崩れの跡が
現れる。
足取り軽く降りていくと
ルートバーンの流れが
間近に見えてきて
麓に到着。 ここで西に
ちょっと戻り ルート
バーン・フラット ハットに
立ち寄り休憩。
このフラット・ハットも
素敵な場所にあり、
冬場もわざわざ泊まり
に 来る人も多い。また、
クイーンズタウンから
ここまでの日帰り体験
ガイド付きツアーが
シーズン中出ている。

ルートバーンと森 森の中の道のり 旧ルートバーン・
シェルター
ルートバーン・入り口
ルートバーンとブナの森 ルートバーントラック ブナの森 ルートバーン・シェルター ルートバーンシェルター
休憩後はルートバーンの
川沿いを歩く。この道は
誠に歩きやすく少しずつ
下っていく。初めは左に
見ていた川を一度
吊り橋を渡り右に
見るようになる。
森林浴を十分楽しみ
ながら 進んでいくと
途中 45分ほどで現れる
河原で 再び休憩を
はさむ。 この辺りまで
には 午前中は多くの
人と 行き違うことになる。
ルートバーン・フラット
ハットから2時間ほどで
川の対岸に旧ルート
バーン シェルターの
小屋が 見えてきて、この
ルートも 終わりに近づく。
最後に 川に掛かる
吊り橋を 渡り到着となる。
ルートバーン・シェルター
の 入り口にバスが時間
通りに 迎えに来て
グレノーキー、 又は
クイーンズタウンまで
送ってくれる。

DOCが作ったルートバーントラックのプロモーションビデオ

・ビデオは2種類ありますが、映像は同じものを内容を変えて
作られています。
・ルートバーンントラックといってもほとんどその初日から
2日目のことが分かる程度です。しかもクイーンズタウンから
出発してグレノーキーサイドのルートバーンシェルターから
歩き始める行程です。
・また二人のレポーターが初日に泊まっているのは
ルートバーンフラットの様子。ルートバーンフォールスハット
には2日目の午前中訪れている様子です。
・ルートバーンフォールスハットからハリスサドルシェルター
までトラックの様子はこのビデオでよく分かるでしょう。
天気の変化もこの映像のようなことが頻繁にあります。
・このハリスサドルからいきなりディバイドで終わってしまって
います。マッケンジーハットなどの様子は全く出てきません。
・ヘリからの空撮で雪化粧したハリスサドルからレイクハリス/
ルートバーンフォールスハットの様子が見れます。
・このビデオを撮ったのが何月のことか分かりませんが
レイクハリスやホリフォード渓谷を挟んで対岸の山々は
雪化粧しています。こういうことは11月,12月,そして3月,4月
にはありえます。
・このビデオを見て個人歩きでルートバーントラックを歩いて
いる人たちがどのような年齢層で、どんな服装で歩いて
いるか参考にすれば良いでしょう。
ルートバーントラック個人ウォーク紹介ビデオ1 ルートバーントラック紹介ビデオ2
クイーンズタウンのホテル検索 テアナウのホテル検索

トレッキングルート送迎・トランスポートサービス

ミルフォードトラックMilfordTrack
ルートバーントラックRouteburnTrack
の歩き方ページへ

トレッキングルートギャラリー表紙ページへ

ニュージーランドグレイトウォーク

ミルフォードトラック
 MilfordTrack


ケプラートラック
KeplerTrack


ハンプリッジトラック
HumpridgeTrack
クイーンズタウン周辺のトレッキング

クイーンズタウン近郊
(スカイライン、ワンマイル、
ベンロモンドトラックなど)


クイーンズタウンから西の郊外

クイーンタウンから南の郊外
(レイクアルタなど)


クイーンズタウンから東
(アロータウン周辺)
グレノ-キー周辺のトレッキング

リース&ダートトラック
Rees&DartTrack


ルートバーン周辺
(ルートバーントラック

一日体験ハイキングなど)

リース&ダートバレー周辺
(マウントアルフレッド、
リースバレーなど)


グレノーキーから西の郊外 
マウントクック周辺のトレッキング

マウントクック近郊の
トレッキング
(フッカーバレー、

ケアポイントなど)

ミューラーハットルート
MuellerHutRoute
テ・アナウ周辺のトレッキング

テ・アナウ近郊とマナポウリ

ミルフォードロード周辺
(キーサミット、

ゲートルードサドル、
レイクマリアンなど)


テ・アナウから南部
(ボーランドサドル、
レイクハウロコなど)

ワナカ周辺のトレッキング

ワナカの町の近郊
(ワナカ湖畔、

マウントアイロン、
マウントロイなど)


マウントアスパイアリング
国立公園内
(ロブロイ氷河、

フレンチリッジルート)

ワナカの北部/
ハーウェア~ハースト
(ハーウェア湖畔、
マウントブリュスタートラック)

NZ南島西海岸
フォックスグレイシャー半日
ガイド付き氷河ウォーク


コップランドトラック
露天温泉1泊トレッキング


フランツジョセフ氷河ウォーク

スチュアート島のトレッキング
ラキウラトラック
RakiuraTrack

カトリンコーストCatlinCoast
(キャセドラル洞窟、

スロープポイント
トレッキングルートで
見られるニュージーランドの
花、蘭、植物 

歩いてニュージーランド・NZトレッキング・サポートホームページ、表紙へ